食のショールーム・パルズは、日本全国の魅力的な生産者さんたちの素晴らしい商品を皆様にご紹介しております。

煮込み野菜が溶け込んだ とりもも一本カレー PA-0001

煮込み野菜が溶け込んだ とりもも一本カレー

パウチから溢れる芳醇で刺激的な香り

まるごと1本骨付き鶏もも肉 レトルトパウチを沸騰したお湯に入れて約5分。十分に温まったパウチの封を切ると、スパイスの効いた芳醇なカレーの香りが広がります。

そしてその中には、まるごと1本の骨付き鶏のもも肉。

どうやって食べたらいいのだろうとちょっと考えてしまうくらいの大きさは、インパクト大。でも、このカレーのインパクトは鶏だけではありません。

レトルトの域を超えた、まさに今シェフがつくってきたのではないかと思うほどの本格的インドカレー。

濃厚な味わいとスパイシーな刺激が食欲をそそり、「ひと口、もうひと口」とスプーンが止まりません。そして鶏肉は、スプーンを入れるとホロホロと崩れるほどの柔らかさ、簡単に骨から肉が外れていきます。噛みしめると、鶏の旨味とカレーのコクが口の中に広がり、まさに至福。お家でこんな本格的なカレーを食べられるのは、どうしてなのでしょう???



その理由は徹底した味へのこだわり

収穫したての無農薬有機の玉ねぎ下地となるカレーのルーの材料は、すべて無添加。素材が本来持っているおいしさをすべて引き出すために、手間暇を惜しみません。

自分の畑で育てた“無農薬有機の玉ねぎ”は、とろとろのペースト状になるまで炒め、深い甘味を引き出します。

そこへ弱火で煮込み、まろやかな酸味と甘味を凝縮したトマトを投入。そして、このカレーのために特別に調合されたスパイスを加え、さらにじっくりと炒めたら、カレーペーストの出来上がり。香ばしさとスパイシーな香りが鼻をくすぐります。

そして、水は一切加えず、野菜のしぼり汁でつくった“野菜ジュース”でペーストを丁寧に伸ばしたら、ボリュームたっぷりの柔らかい骨付き鶏もも肉を1本丸ごとカレーの中へ。鶏の旨味が十分に引き出せるよう、火加減を見ながらゆっくりと煮込んでいきます。

その間、使う調味料は“天日塩”だけ。野菜が持つ“甘味”、“酸味”、そして鶏肉の“旨味”と“コク”。この深い味わいは、まさに岩手の豊かな“自然の恵”です。

舌が!お口の中が!大喜びする本格インドカレーを、ぜひお召し上がりください。

愛用者の声

東京都 藤永雅美さん もう自分でカレー作るの辞めようって思うほど美味しい…とは聞いてはいたけど、言ってもレトルトだしと、こっそり思ってた私が全く同じ状態に。「うまっ!!!」一人で声出すありさま(笑)。

5歳の甥っ子もペロリ。“辛い”とはちょっと違い、スパイスの絶妙な具合で、大人はむしろ驚愕するおいしさです。 …そんな口上、「よく聞くよねー」と思ったら是非!文章にすると安っぽくなるくらいです。
(東京都 藤永雅美さん)


愛知県 加藤伸久さん一度食べてすぐにファンになりました。レトルトの味でも家で作るカレーの味でもない、本格的な味が家で気軽に食べられます。大きな鶏もも肉も柔らかく見た目以上に食べやすいんです。「今すぐじっくり煮込んだカレーが食べたい!」というワガママに応えてくれる、すごいカレーです。
(愛知県 加藤伸久さん)


カレーライター飯塚敦氏もグルメサイト「ippin」で大絶賛!!

カレーライター 飯塚敦氏 日本人が作るインド風カレーとしてたいへんよいものだった。

フードジャーナリスト。1964年東京下町生まれ。12年続く食にこだわるライフスタイルブログ「カレーですよ。」は外食カレー記事中心に総記事数4500。月刊誌、フリーペーパー、Webコンテンツ等で記事連載。著書に「iPhone x Movie スタイル」、同台湾版、「カレーの本 -あなたの食べているカレーがわかる-」等

飯塚敦氏著書(amazonへリンクします)
「カレーの本 -あなたの食べているカレーがわかる-」 (SAKURA・MOOK 69)


製品情報

保存方法:直射日光を避け、冷暗所に保存ください。

賞味期限:2017年4月20日

原材料名:原材料名:骨つき鶏もも肉、玉葱、トマト、野菜ジュース(トマト、セルリー等)、パーム油、フルーツチャツネ、香辛料、ニンニク、生姜、食塩 ※添加物は一切使用せずに、素材にこだわりました。

内容量:300g(1袋)

煮込み野菜が溶け込んだ とりもも一本カレー PA-0001

864円(税64円)

定価 864円(税64円)

1袋5袋セット10袋セット
4,320円(税320円)
在庫切れ
購入数

おすすめ商品